マリノスのゴール裏とエスパニョールのクルヴァが週末の居場所。 そんなノブの日記です。 まずは自己紹介をどうぞ!


by nobu_marinos1972
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

4月1日 Primera dia en Roma

●イタリア旅行記 
1日目 バルセロナ→ローマ
『とにかくローマはデカイし人も車も多い!』編


 昼過ぎにいよいよローマへ向け出発です!
c0017163_442438.jpg
 このVuelingという会社はバルセロナを中心に運行する飛行機の会社で、驚くべき安さが売りです。バルセロナからミラノ、ローマ、セビージャ、ビルバオなどまで片道30ユーロ(4500円ぐらい)とかです。もちろん数ヶ月前に買えばということなんですが、名古屋から大阪まで新幹線で行くのより安く外国へ行けるわけですよ!


 実は昨日、以前にも紹介したナポリターノのカルロの家に行き、いろいろとナポリに関する情報を仕入れてきました。また、ドイツはバイエルン生まれの彼の彼女ティニは3年間ローマに住んでいたということで、こちらからもローマの情報を仕入れました。

 ちなみにこの二人はミラノに住んでいましたが、バルセロナに住みたいがために引っ越してきたのだそうです。彼らに言わせると北イタリア(トリノやミラノ)は「カルチョ(サッカー)しかない。」のだそうです。


 1時間半ほどでローマのフィウミチーノ空港に到着。やたら新幹線と比べるのもアレなんですが、名古屋から新横浜までと同じぐらいですね。飛行機を降りて順路通りに進んでいると、パスポートや荷物のチェックとかないまま外に出てしまいました。そして、ここからローマの中心地テルミニ駅まで列車で向かいました。

 フィウミチーノ空港を出てジャスト30分でローマ・テルミニ駅に到着。この駅がハンパない大きさでした。駅自体は東京駅とかの方が大きいんでしょうが、縦にすごく長く、メチャクチャ歩かされました。なんとか駅を脱出すると、そこは若干スラム気味な地区。早くも迷子状態。
 バルセロナで買った使えない地図を駆使して、ようやく駅のメインの出入り口に出ました。ここからは今晩泊まるホテルを探します。幸いホテルの看板を出している建物はたくさん見えるので、1泊30ユーロぐらいの宿を見つけるのは難しくないだろうと踏んでいました。が、いざ探し始めると「今晩はいっぱいだよ」とか「1泊50ユーロです」とかの連続...。

 半べそ状態でインフォメーションを探し、安宿のリストをもらいました。幸いこのリストの2番目に出ていたDI RIENZOというホテルが30ユーロの部屋が空いているということで、即チェックインです。
 おじいちゃんが出てきて、手続きをしてくれます。ふと壁に目をやると、たくさんの写真が貼ってあります。トッティ、バティ、ん!?大沢たかおじゃないか!今手続きをしてくれてるおじいちゃんとの2ショット。聞くと、このホテルに泊まって行ったそうです。
 大沢たかおさんが泊まった部屋とはまったく格が違う、窓なし。トイレ・バス共同の部屋に案内されました。同じフロアには他に3つ部屋があり、他の部屋の声が丸聞こえです。とにかくホテル探しで歩き回ってお腹が空いたので何か食べ物を探しに行くことにしました。

 ホテルのすぐそばにピザの切り売りの店があり、自分はチーズが大の苦手なのでチーズ抜きのピザを頼み、食べながら街を歩くことにしました。そして1分も経たないうちにラツィオのお店を発見!
 実は今回の旅ではいくつかミッションを与えられていまして、そのうちの一つが『1年前に自分の彼女が卒業旅行でローマに来たときにこの店の名物おばちゃんと撮った2ショット写真を渡してくる』というものでした。
 これはあっという間に達成。店内でピザを食べながらテレビを見ていると、おばちゃんが急にテレビのボリュームを上げ、集中体勢に入りました。ここで初めてローマ法王(スペインとかイタリアではみんなパパと呼ぶ)が危険な状態にあることを知りました。そのときはこの後訪れる不幸は知る由もありませんでしたが。。。
 とりあえず、翌日のラツィオ×リボルノのチケットを買って出てきました。

 その後は徒歩で主要観光スポットを巡りました。
c0017163_524522.jpg
c0017163_5245098.jpg
c0017163_5251249.jpg
c0017163_5252978.jpg
 正直言って初日からメチャクチャ歩きました。真実の口なんて「は?こんなとこにあるの!?」ってなとこにあり、軽いロールプレイングでしたよ。途中で3人の女の子に手をつかまれる(泥棒。スペイン語で「FUCK!」と叫んだらブツブツ言いながら消えた...)なんてイベントもありながらヘトヘトになり、2つ目のミッション『ティニの友達が働くレストランに手紙を渡しに行く』を早くも実行することにしました。

 しかし、残念ながらティニの友達のアレッサンドロは今日お休みだったので、食事だけして出てきました。帰りもホテルまで歩いたのですが、45分ぐらいかかりました...精神的にも肉体的にも疲れたのでこの日はバタンQでした。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-04-01 23:35 | ●Viajes(旅)