マリノスのゴール裏とエスパニョールのクルヴァが週末の居場所。 そんなノブの日記です。 まずは自己紹介をどうぞ!


by nobu_marinos1972
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

5月29日 Nunca olvidaré este dia.

 さあ!いよいよパソコンが復活しました!決して裏の方にあるスイッチが分からなかったわけではありません。ドンドン更新していきますよ!?

 さて、お待ちかねの先週日曜日のエスパニョールのリーガ最終節についてですが、その前にこの試合をどういった状況で迎えたのかを整理しておきましょう。

①エスパニョール勝ち→ベティス負け、セビージャ負けでクラブ史上初のチャンピオンズリーグ出場決定
②エスパニョール引き分けUEFA杯出場決定
③エスパニョール負け→バレンシアの結果次第でUEFA杯出場決定

 とまぁこんな感じで最終節のビルバオ戦を迎えたわけです。
c0017163_8243678.jpg
 この日は21時キックオフにもかかわらず、12時にハビ(写真1番手前のタンクトップ)やこの日のためにマドリーからやってきたマドリーのペーニャとスペイン広場で待ち合わせて横断幕の搬入に行ってきました。
c0017163_8344288.jpg
 着くと既にぺリコたちが作業に取り掛かっていました。
 メインスタンドを背にして、左手側のコーナー付近が熱いぺリコたちが集まるCurva Joveと言われるゾーンです。
c0017163_8382423.jpg
 そしてこのクルバ下のスペースでは夜に向けてビックフラッグの塗装作業が急ピッチで進められていました。
c0017163_8411774.jpg
 さあ!ここからは世界の横断幕シリーズ!
 まずはクルバで最大勢力を誇るエテルノス(ETERNOS)の幕。
c0017163_8471574.jpg

c0017163_848259.jpg

と、このように他にも数種類あります。
c0017163_8403151.jpg
 続いてはエテルノスの大きな幕と、その下にはマドリーのペーニャ(Penya de Madrid)とぺリコニッポン(PERICO NIPPON)の幕。下の二つは全然目立ってません。。。
c0017163_8505989.jpg

c0017163_8503237.jpg
 上の二つはハビの所属するペーニャ、クリアクエルボス(KRIA KUERBOS)の幕です。このクリアクエルボスは仲間から「Hijo de puta」と親しみを込めて呼ばれています(笑)
c0017163_8554110.jpg
 そしてこちらはフランスはボルドーからやってきたペーニャのもの。ちなみにこのペーニャの名誉会長はボルドーでもプレーしたポチェッティーノなんだそうです。

 そして一通り幕を張り終えた後はスタジアムツアーです。
c0017163_905990.jpg
 記者会見場。さすがにオリンピックを開催したスタジアムだけあって広いんですが、既にかなりボロかったです。
c0017163_92854.jpg
 こちらは選手が試合後にインタビューに受けるゾーンです。後ろのスポンサーさんの看板が低すぎるような。。。
c0017163_943345.jpg
 選手たちの車もスタンドのすぐ下に。これらの車が誰の物か的中された方には、当日配られた青色のブレスレットをプレゼントします!


c0017163_993423.jpg
 好き勝手しているうちにお昼の時間になったので、エテルノスの招待で彼らのアジトにて昼食。
c0017163_910267.jpg
 40人近く集まったのでパエージャも超巨大!こんなの見たことありません。
c0017163_912557.jpg
 この人たちは今晩試合前にイムノ(クラブのテーマソング)のRockバージョンを歌うイビサ島出身の"Statuas d sal"というRockグループです。「俺達のグループ名を日本語で書いてくれ!」と言うので丁寧に『塩石像』と書いてあげたら大喜びでした。お礼にCDにサインと「日本のペーニャの会長へ」とメッセージを書いてくれました。東京のエスパニョールペーニャの会長さんごめんなさい。もし見ていたらコメントください。
c0017163_9213097.jpg
 彼はフランスのボルドーから駆けつけたフランスのペーニャのイバン。こちらに来て初めて名古屋グランパスエイトを知ってる人に会いました。やはり本家フランスでも95年のアーセン・ベンゲルのマジックは知られているようです。
c0017163_9182591.jpg
 彼は先週パンプローナで知り合った若手ぺリコのダビッ。彼は今日のためにわざわざパンプローナからバルセロナに出てきたのでした。まるで名古屋からマリノスを観に行く自分を見ているようで嬉しかったです。
c0017163_9252574.jpg
 新曲がもうすぐ発売のハマショーもはるばる駆けつけました(笑)


 お酒も十分入って満腹のぺリコたちは再びモンジュイックに集結!!スタジアム近くの駐車場で決起集会。
c0017163_9292836.jpg
 とにかく飲み、歌いテンションを上げます。途中「ノブタカ」コールや「ヒロヒト(皇太子様??)」コールも巻き起こり、極め付けに一人のぺリコが...

「がんばれ横浜マリーノス!勝利を掴めマリーノス!」

 と歌い始めました。

 思えば一年前。プレーシーズンから一人で通い始め、いつも同じ席に座り、少しづつ仲間が増え、アウェーに行き、そして迎えた最終戦。目の前ではぺリコたちが自分のクラブの歌を歌ってくれている。言いようのない感動を覚えると共に、感謝の気持ちでいっぱいになり、『今日はマリノスの試合と同じように応援しよう。』そう決意しました。

c0017163_9433147.jpg
 日が暮れかかる頃、選手もスタジアムに到着。

ついに、長く閉ざされたヨーロッパへの扉を開く時がきました。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-29 23:19 | ●RCD Espanyol