マリノスのゴール裏とエスパニョールのクルヴァが週末の居場所。 そんなノブの日記です。 まずは自己紹介をどうぞ!


by nobu_marinos1972
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Viaje en Bilbao3

ビルバオ遠征記 第3回 
観光!観光!午後から試合まで篇

c0017163_3143674.jpg
 スタジアムツアーを終えた後は再びTramに乗り旧市街に戻ります。今回はちゃんと切符を買いました。3ユーロの1日乗車券。さっきの償いもこめて。

 再び戻ってきた旧市街は朝の静寂が嘘のように人で溢れています。狭い路地はアスレティックの赤と白の旗や傘で彩どられ、人々もレプリカシャツを着込みBarで1杯やりながら今日の試合について熱く語っているように見えました。
 自分も今すぐにでも食事にありつきたい状態でしたが、一番見に行きたいバスク博物館が2時には閉まってしまうということなので、食事は後回しにして一路バスク博物館を目指します。しかしこの博物館が結構な広さ。3階建てか4階建てで、横だけではなく縦にも動かされます。さらに海賊さんたちの衣類が飾ってあるのですが、その匂いが東京ディズニーランドのカリブの海賊の臭いとそっくりで、空腹の体にはこたえます。なぜか観光客に「パスって日本語で書いてください」とかお願いされたりしつつ、ちゃんと「パス」って書いてあげたりしながらも空腹に耐えられず、昼食をとることにしました。

 適当なBarに入ってピンチョスとビールで空腹を満たしました。ピンチョスとはここバスク地方の有名な食べ物で、適当な厚さに切ったフランスパンの上にエビなどの海の幸の他、いろいろな物をのせ、つまようじでとめた非常にかわいらしい食べ物です。それぞれのBarには様々なピンチョスが置いてあり、それらを眺めているだけで楽しくなる訳はなく食べたくなります。

 食後はこの旧市街を少し散策してみることにしました。日曜ということもありほとんどの店が閉まっているのは残念でしたが、しばらく歩いているとMadridのマヨール広場のようなところに出ました。
c0017163_3154971.jpg
 どうやら市が開かれている様子。その中に一軒面白いお店がありました。
c0017163_3163281.jpg
 ピンバッチ屋。ピンバッチのみを扱うお店です。国内外の見たことのあるチームのものから見たことのないチームのものまで無数にあります。実はスペインに来てからピンバッチ集めに目覚めてしまい、Valenciaでもいくつか購入していた自分はここで30分近く過ごしました。お!セルタじゃん!と思いきやセルタっぽい他のチームだったとかそんなんばっかり。パンダの顔が入ったPANDAS CLUBなんていうピンもありました。
 途中、日本人のお兄さんに「ビルバオに5ヶ月住んでるけど、日本人の人始めてみたよー!」とか言われながら、結局8つほど購入してその場を後にしました。
 
 その後はここビルバオの一番のウリであるグッゲンハイム博物館を見るためにTramに乗り移動。Tramは主要な観光施設の目の前まで行ってくれるので大変便利です。
c0017163_3171130.jpg
 時間と興味がなかったため、外観だけ眺めて帰ってきました。個人的にウルトラ怪獣にこんなんいたよなぁと思うのですが皆さんどうでしょう。

さて、次回はいよいよ完全アウェー試合篇をお送りします。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-01-20 03:16 | ●Viajes(旅)