マリノスのゴール裏とエスパニョールのクルヴァが週末の居場所。 そんなノブの日記です。 まずは自己紹介をどうぞ!


by nobu_marinos1972
カレンダー

2005年 03月 20日 ( 1 )

3月20日 Estuve en la casa

 今日は日曜だというのに、新聞を買いに行った以外はずっと家に引きこもってました。昼過ぎに今日のJ2の結果を見ようと思い、J's GOAL を開いたときに北九州で起こった地震のことを知りました。

有光選手のコメント 
Q:地震のことについて。
「(聞いた時は)ホント焦りましたよ。ミーティングの時に奥さんから『今、地震があった』って電話がかかってきて。まだニュースも流れていない段階で、発生してすぐだった。『着替えて逃げる準備をして、それが終わったら電話して』と伝えたのが最後で、それ以降は電話が全然繋がらないから『どうしたんやろ』と思った。その後ニュース見たら、震度6とか言うから…。
 チームの中はみんな、家族とか向こうに置いてきたままだったから、試合に集中するのは難しかった。自分には試合の直前にメールがあって、ちょっと(試合に)入りやすくなったが、やはり難しかったと思う」

Q:選手の中に「福岡のために」といったような掛け声はあったのか?
「ホベルトがそう言っていた。『福岡に残っている人たちのために』って」


...この文章を見て驚いたのが、助っ人のホベルト選手が「福岡のために」と語っていることです。他の選手達はこの一言で胸が熱くなったんじゃないかと思います。少なくとも自分はそうでした。
 
 こちらヨーロッパのサッカーは世界最高峰と言われていますが、人種差別などの邪悪な部分が多いのも事実です。
 エスパニョールのフーリガンの連中は自分達のチームにいる黒人選手にさえ猿の鳴き声を真似した罵声を浴びせます。マラガのワンチョぺも同じ問題で自チームのファンと揉めました。最悪なことにクラブの偉い人はこの件に関してファンを擁護するコメントを出したようです。
 果たして彼らが福岡のホベルト選手と同じ境遇に陥ったときに、同じ言葉を素直に発することができるでしょうか。
 
 僕が世界で一番好きなリーグ、Jリーグにはロナウジーニョやジダンはいませんが、着実に正しい道を進んでいると思います。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-03-20 23:58 | ●Vida(生活)