マリノスのゴール裏とエスパニョールのクルヴァが週末の居場所。 そんなノブの日記です。 まずは自己紹介をどうぞ!


by nobu_marinos1972
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:●Viajes(旅)( 27 )

c0017163_141199.jpg

(En Espanyol)
Quedan 3 dias para la final de la copa del rey.
los pericos nunca le fallan el equipo. yo tambien.
le animo desde japon como este foto. jajaja.
Venga los pericos! Ganamos la copa!
Arriva Espanyol campeon!!

(En Japones)
本日は根府川という神奈川県小田原市にある駅に出かけてきました。
c0017163_1361622.jpg

この駅は関東の駅100選にも選ばれており、
太平洋を眼下に見下ろすことができる素晴らしいロケーションであります。
c0017163_21863.jpg

お昼はこの街で唯一と言っていいでしょう、竜宮亭でマグロユッケ丼を食べました。
大ボリュームでツーリング中のお兄さんたちも大満足。
c0017163_253961.jpg

いや~しかし、綺麗でのどかな街でした。
たまには都会の喧騒から離れてこういう所に行くのもいいですね。

と言いつつ夜は渋谷に繰り出しましたけども。。。


<オマケ>
c0017163_252477.jpg

無人駅に設置されているスイカ認証機。
これでピッ!です。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2006-04-10 01:01 | ●Viajes(旅)
セビージャ旅行記 1日目
c0017163_823433.jpg
 先週末、10月1日から10月4日までセビージャに旅行に行って参りました。旅行の目的は...毎度のことですがエスパニョールの試合を観るためでした。。。
 まぁ、試合のことはぺーニャのページに載せるとして、今回ここでは普通の旅行記を書こうと思います。

 今回は初めてのアンダルシア(スペイン南部)旅行ということで、かなり前から非常に楽しみでありました。
当初のイメージ通り、上の写真のような白い建物がズラーっと立ち並んでおり...
c0017163_8403493.jpg
 そして、なんと言っても太陽が近い!ので非常に暑い!肌にヒリヒリきます。

 今回は9月の頭にバルセロナに遊びに来て、うちに泊まっていたサトシという友達に全面的に世話になりました。サトシには前回ダーツを教えてもらったので、初日の夜は早速ダーツ。
c0017163_846629.jpg
 まだまだ修行が足りないことがわかりました。。。
 その後、慣れないビリヤードなどもやって明け方まで遊び、外に出たのですが...セビージャの夜はとんでもなく寒い!しかも昼間との温度差から街は霧が立ち込めています。そんな中、スペインの名物夜食!?チュロス食べて、初日を終えたのでした。。。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-10-08 08:19 | ●Viajes(旅)

8月31日 Fui a la tomatina...

 みなさんはスペインのとある小さな村で行われる「トマト祭り」という行事をご存知でしょうか?

 水曜日に遠路はるばる出かけてきました。体験記はこちら↓

    ドラマ「未成年」風トマト祭り

 同行したライター守本さんのものです。自分でも書こうと思いましたが、こちらの方が全然楽しいので是非こちらでお楽しみ下さい。


〈その他の写真〉
c0017163_2421942.jpg
世界各地から「我こそは!」という兵者(つわもの)達が続々と集まった。
c0017163_2423539.jpg
兵者たちのオフィシャルドリンクは往々にしてビールであった。。。
c0017163_2441252.jpg
グッズ販売などで収益を得ようとする地元の人々。
c0017163_245269.jpg
祭りの後で疲れ果てた日本人たちと一人のドイツ人。
c0017163_2454341.jpg
こちらの彼はスタッフからビブスをくすねたようだ。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-08-31 23:48 | ●Viajes(旅)

7月11日 Fui a pamplona3

パンプローナ旅行記
「そうだ、サン・フェルミン行こう」後編


c0017163_4285495.jpg
 午後6時過ぎ、いよいよ闘牛が始まります。なんと本日の闘牛たちは伝説とも言われる"Miura"という牧場で育てられたもの。バルセロナでは闘牛場のすぐ側に住んでいるにもかかわらず、闘牛観戦は今日が初めての自分にとっては上々の初観戦となりそうです!?
 ちなみにスーパーカーのランボルギーニの"ミウラ"というのもここに由来するそうです。

c0017163_4305884.jpg
 ここパンプローナではこのサン・フェルミンの時期しか闘牛が行われない上、スペインの他の闘牛場とは決定的に違うことがあります。

それは…
見に来ている地元の人は闘牛を見ないということであります。。。

 じゃあ何をしているのかというと、バケツ一杯にワインやらサングリアを入れて持ち込み、それを飲むばかりでなく周囲に撒くのです!
恐ろしいことに食べ物もまた同様です。。。

 日本人の友達と一旦別れ、フェデたちと一緒に取った席に行ってみると、そこはまさに一番過激に撒き散らす人々のゾーンでした。。。
 まずはとにかく「飲め!」と。飲みながら「エスパニョールのファンで、この前も試合を観にパンプローナへ来た。」というと、「なんてヘンテコな日本人だ!」熱烈な歓迎が始まりました…。隣のおばあちゃんはボカディージョ(スペインのサンドウィッチ)をくれ、いったいどうやって持ち込んだんだ!?と問いたくなるようなサラダやスパゲティと続き、お酒はエンドレスで振る舞われました。
 当然それらは食べ飽きられると宙を舞うことに。。。

c0017163_5221930.jpg
 遅れてやってきたフェデとミリアもワインまみれ。しかし、誰もが笑顔!

 そんなこんなで2時間があっという間に過ぎてしまいました。他に印象に残っていることと言えば、闘牛が敗れ去ったときに人々が演奏するサッカーソングのメドレーでしょうか。。。

c0017163_459419.jpg
 日本人の皆と合流したときはこんな有様。
 ありえないヒゲというかもみあげは焼いたコルク栓で描かれたものです。頭はワインを浴びてバリバリ、服もワイン臭い。。。

 見苦しい写真の後は専属カメラマンからいただいた、この旅の写真ダイジェストをどうぞ。
c0017163_561662.jpg
 エンシエロ(牛追い)後。りょうや君を探す前であります。
c0017163_585099.jpg
 走りきった上に、スペインはおろかアルゼンチンのテレビにも映ったりょうや君。なんと清々しい。。。
c0017163_5111853.jpg
 女性陣に大好評だった移動遊園地。男性陣には大不評。
c0017163_5125090.jpg
 とにかくあらゆる乗り物が安全を考えて作られていない。。。


 その後、日本人の友達は夜行バスで、自分はフェデたちと共にバルセロナへと帰りましたとさ。

おしまい
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-07-11 23:24 | ●Viajes(旅)

7月10日 Fui a pamplona2

パンプローナ旅行記
「そうだ、サン・フェルミン行こう」中編


 エンシエロ(牛追い)のスタートを前に夜行バスでバルセロナから来た日本人の友達4人も合流。最年少のりょうや君は走る気マンマンで、フェデと共に柵の向こうへと消えていきました...。

 午前8時。鐘だかなんだかの音と共に歓声が上がり、多くの人が通りを駆け出し始めました。そして、安全地帯にいる我々の前を攻撃的な目をした凶暴な牛たちが一気に通過!…というのは嘘で、寝不足気味で疲れ果てた牛たちがタッタタと通り過ぎていきました。

 あっけない幕切れにザワつく周辺。さっさと片づけを始める係りの人たち。一気に祭りの後の悲しい空気が立ち込め始めました。
c0017163_0152897.jpg
 エンシエロの前にみんなとはぐれてしまった専属カメラマンも無事に合流。
 その後は牛と共にゴール地点の闘牛場まで走っていってしまったりょうや君を探します。


c0017163_0324965.jpg
 着いてみるとそこは混沌。これは見つけるの大変だ。。。

c0017163_0554822.jpg
 …と思いきや目立つ服のおかげですぐに見つかりました。
 するとフェデの携帯にフェデのママから電話があり「ニュースでお祭りの様子見てたんだけど、アルゼンチン代表のシャツを着て走ってた日本人がいたわよ!」どうやら各局で扱われたそうです。

 りょうやくんアルゼンチンデビュー。

c0017163_145564.jpg
 親戚のおじさんの家に行くというフェデたちと別れ、夕方に行われる闘牛までの時間をゆっくりと過ごしました。

 このパンプローナがあるナバーラ州は緑が本当にきれいであります。

c0017163_194413.jpg
 そして街中ではいたるところでパレードが開かれていました。ニセミッキーもいたるところに出没。


c0017163_1104156.jpg
 「もう飲めません~」とばかりに街の公園にはこういう人が溢れていました。

続く。。。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-07-10 23:47 | ●Viajes(旅)

7月9日 Fui a pamplona!

パンプローナ旅行記
「そうだ、サン・フェルミン行こう」前編


 週末は予告どうり、サン・フェルミンを見にパンプローナまで出かけてきました。
c0017163_1412671.jpg
 まずはバルセロナから電車で1時間ほど行ったところにあるマタロー(Mataró)という街まで行き、写真のフェデとその彼女と合流。いきなりキセルが見つかるという幸先の良いスタートとなりました。。。

 ちなみにフェデはアルゼンチンのロサリオ出身のニュウェルス(Newell's old boys)ファンであります。このクラブはポチェッティーノ、マキシ・ロドリゲス、サムエル、ソラーリ、(マラドーナもか!?)など錚々たる顔ぶれを輩出しています。個人的にここのエンブレムには親近感が湧きまくりです(笑)

c0017163_1524757.jpg
 ちょっと脱線しましたが、明け方の3時ごろに無事パンプローナに到着。そこはまるで大晦日のお寺さん状態。世界中から集まって来た人で大変な賑わいでした。しかしながらバルセロナと比べて相当冷え込んでいます。。。これは飲んで温まらないと!

c0017163_1574743.jpg
 軽く出来上がったところで、朝8時から走り出す予定の牛たちを見に行きました。が、写真には上手く写っていません...。警備の人が「牛がびっくりしちゃうからフラッシュはだめだ!」とか言っていましたが、酔っ払いたちの耳には入るわけがありません。

c0017163_251845.jpg
 この道を下ったところにに、さっきの牛たちが眠る場所があります。いよいよ白々と夜が明けてきました。もうすぐスタートです!

続く...。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-07-09 23:37 | ●Viajes(旅)
c0017163_0502633.jpg
 さて、今日はこの旅のメインイベントである、マドリーにあるエスパニョールのペーニャのオフ会(バーベーキュー)に参加してきました。
 なんと驚くべきことに、このマドリーのペーニャには60人ほどのぺリコが登録しているのだそうです。日本的に言えばガンバかセレッソのサポーター組織が東京にあって、そこに60人が登録しているという...って、そんなに凄いことじゃないかも。。。

 この日も40人ほどのマドリーのぺリコが集まり、周りを気にせず、飲めや歌えやの大騒ぎでした。
c0017163_05253.jpg
 某福岡インチャダの花見のようにデコレーション!?木に無理やり横断幕を取り付けます。

 そして、この様子はマドリーのペーニャのオフィシャルサイトに詳しく出ています。必見!
コチラ→LA PEÑA ESPANYOLISTA DE MADRID
○出てきたページの「Aqui」というところをクリックすると、この日のバーベキューの様子が出てきます。


 羊2頭分の肉を平らげ、ビールで気持ちよくなってきたころ、既婚者と独身者に分かれてサッカー開始!
c0017163_151021.jpg
 既婚者チーム(Casados)。その豊富な経験と社会的地位を利用し、ありもしないオフサイドや存在しないタッチラインを急に設定しだしたりする好チーム。好天に恵まれた(40度)この日はスタミナに不安。。。
c0017163_193916.jpg
 独身者チーム(Solteos)。一人人数が少ないながらも、そこは湧き出るほどの若さでカバー。お腹の出方からして勝負は見えているようにも。。。

ー試合レポートー
 渇いたマドリーの大地に容赦なく陽の光が降り注ぎ、恐らくキックオフ時には40度は超えていたと思われる。そんな最悪のコンディションの中試合は始まった。
 戦前の予想に反して先制したのは既婚者チーム。しかしながら、この気候は彼らにとってあまりにも過酷であった。。。時間の経過と共に自陣にクギ付けとなり、既婚者チームのアントニオ選手(後列一番右)は独身者チームの息子のアントニオ選手(後列左から2番目)の足に向かってスライディングを見舞うなど、もはや勝負を捨てたプレーが目立ち始めた。
 結果は4-1(たぶん)で独身者チームの勝利。消耗した選手たちは再びビールで渇きを癒すのであった。。。

 試合後、少しゆっくりしてハビと共にバルセロナに向け出発。やはり...というかさらに飛ばすハビの運転により5時間ほどでバルセロナに到着。
 ご機嫌な週末はこうして幕を閉じたのでした。。。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-06-19 23:48 | ●Viajes(旅)

6月18日 Las chicas de cadiz!!

c0017163_10114417.jpg
 マドリー二日目の今日は、全然起きないハビをホテルに残し、一人街まで買い物に出ました。
 マドリーと言えばバルセロナにはまったくないサッカーショップ!その中でも特にお勧めなのがアルゼンチンにもお店を持つ社長が経営するDEPOTES AGUILAです。
 今回はセールになっていたボカの2003トヨタカップモデルを30ユーロ(4200円)で、メキシコのプーマスのニット帽を買いました。プーマスのニット帽はかなり可愛い一品です。

c0017163_10203643.jpg
 テキパキと買い物を終わらせた後はホテルに戻り、ハビの友達の女の子と4人で、ブラジルの歌手カリーニョスブラウンのカーニバルに出かけました。写真のように通りは人でいっぱい。。。そして水不足にもかかわらず、消防車が集まった人に水を撒き散らしていました。今日買ったMarcaに「水は大事に!」って書いてあったのに。。。
c0017163_10224349.jpg
 ちなみにレアル・マドリーのホーム、サンティアゴ・べルナベウは4隅にエレベータを設置する工事をしていました。暖房完備な上、さらに快適に生まれ変わるようです。

 カーニバルで汗をかいた後は、またまた街に繰り出して夜に備えて、腹ごしらえ!
c0017163_10254418.jpg
 道中、夢だったアトレティコ・マドリーのビセンテ・カルデロンのメインスタンド下を車で通過しました。

 マドリー名物のイカリングのボカディージョで空腹を満たした後は...
c0017163_10291619.jpg
 こちらはトマトのお酒。ハビは付属の塩とコショウを振りかけて飲んでいました。以外と美味しかったです。

 今日も場所を変えつつ、最後に行き着いたのはATENASという全席芝生のバー。すり鉢状になった芝生の公園で寝そべりながら一杯やるというわけです。イメージとしてはガンバ大阪のホーム、万博記念公園競技場ゴール裏でのハーフタイムでしょうか。
c0017163_1034622.jpg
 本日10数年ぶりにリーガ・エスパニョーラ1部昇格を果たしたCadiz(カディス)出身の姉妹と。共ににその記念すべき日を祝いました(笑)
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-06-18 23:08 | ●Viajes(旅)
c0017163_23184252.jpg
 さて、先週末はこの↑ハビの運転でマドリーまで小旅行をしてきました。結局ハビの奥さんは来ず、金曜の午後男二人でバルセロナを出発。
 ハビは従兄弟から借りた車を運転できてかなりご機嫌な様子で、道中だいたい190キロぐらい出してかっ飛ばしました。そのおかげで5時間ぐらいでマドリーに到着。
 煽ったりするので、かなり怖かったです。。。

c0017163_23282138.jpg
 マドリーに着くとペーニャ(クラブ公認のファンクラブ)エスパニョールマドリー支部のアントニオが登場。写真のような不適な笑みを浮かべて「夜の街に繰り出そうぜ!」というわけで早速繰り出しました。

 とにかくマドリーの街は暑い!23時の時点で30度以上あります。しかもバルセロナと違って、風が全然吹かないので余計に暑く感じます。
 さらに週末ということもあって街は飲み歩く人でいっぱいでした。 
c0017163_2331766.jpg
 ということで早速ビール(笑)
 ここマドリーではMahouというメーカーのビールが主流で、アントニオ曰く「二日酔いにならない!」のだそうです。
 この後は1杯ごとに店を変えるという典型的なスペインのバル巡りに終始しました。

c0017163_23454638.jpg
 ↑今日の晩ご飯。つまようじを使って、フライドポテトと牛肉に、両脇にあるソースをつけて食べます。シンプルだけど美味!
 スペインの首都マドリーは東京と一緒で、美味しいものが各地から集まるのだそうです。
 
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-06-17 23:17 | ●Viajes(旅)
 今週末はエスパニョールのペーニャ(クラブ公認のファンクラブ)マドリー支部から「シーズンオフだよ、バーベキューの集い」に招待されたので、今日の午後ハビ夫妻とマドリーに向け出発します!

 アウェーの街に住むファン達がどのように盛り上がるのか大変興味深いところです。その様子は週明けに載せますのでお楽しみに!

 それでは行ってきます。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-06-16 17:08 | ●Viajes(旅)