マリノスのゴール裏とエスパニョールのクルヴァが週末の居場所。 そんなノブの日記です。 まずは自己紹介をどうぞ!


by nobu_marinos1972
カレンダー

<   2005年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

Nos vamos a ir a champions!

 昨日飲みすぎたせいで今日は頭がガンガン。こんなにキツイ二日酔いは久しぶりです。地下鉄に揺られて気持ち悪くなりながらもEspanyolとBetisの試合を観にいってきました。
c0017163_949946.jpg
 この写真の左下を凝視してください。St. George's Crossのイングランの旗とそれにManchester Cityのエンブレムが入った2枚の旗があるのが、かろうじてわかると思います。それはなぜか??この話はまた後ほど。

 試合はEspanyolの典型的な勝ちパターンどうりに進みましたが、終盤に追いつかれて2-2の引き分けで試合終了。ここ3試合は勝ちがありません。しかしながら得失点差でSevillaを抜き、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位に再び浮上しました。

 そして、今日はこんなものをゲットしました。
c0017163_10224582.jpg
 TSUNAMI Tシャツ(5ユーロ)です。不思議なもので、津波はこちらでも「つなみ」と呼ばれます。この売上金は津波の被害にあった方々のために使われるそうです。これを売っていたお兄さんに
「君のことビルバオで見かけたよ。来週のMadridも行くの?」と聞かれてしまいました。
 そう、次節はアウェイでReal Madridとの対戦です。


 さてさて、さっきの2枚の旗の犯人はこの家族です。
c0017163_10221.jpg
 このお父さん、Markは実は自分が通っている学校の先生で、スペイン人に英語を教えています。当然ながらスペイン語を勉強している自分との接点はまったくありません。

あれは確かバルセロナが涼しくなり始めた頃です...
 その日は、もう5年も前に買ったManchester Unitedのスウェットを着て学校に行きました。そしてパソコン室でまったりとインターネットをしていたところ、つかつかとMarkがやってきて

「てめーそんなん着てんじゃねーよ!バーカ!だいたいユナイテッドファンの連中ってのは試合中に試合を観ずにおしゃべりばかりしてやがんだ。」

 なんてロイ・キーンみたいなことは言わずに、おもむろに隣のパソコンでManchester Cityのホームページを開き始めました。そして「きみきみ。これを見なさい。こっちには中国人のスンジハイもいるんだよ。こっちのほうがいいよ。」なんて諭すように語りかけてきました。それ以後、会うと必ずフットボールおしゃべりをするようになり、お互い「やっぱBarcaよりもEspanyolでしょ(ビッククラブよりも小さいクラブの方が味があっていいよね)」と意気投合して今日に至ります。

 二人の息子、Pera(9歳)とMark(7歳)はこの日もCityのジャージを着て、Espanyolのニット帽をかぶっていました。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-01-31 10:27 | ●RCD Espanyol

Adios Anna.

c0017163_8545185.jpg
 土曜日は知り合いに誘われてCamp nouにFutbol sala(フットサル)を観に行ってきました。
 現在2部の首位であるBarcaと、長すぎて覚えられないぐらい長い名前を持つ相手の対戦。こちらも昇格圏内にいるそうです。やはり2部ということもあって、土曜の昼にテレビでやる1部とはけっこう差があるなと感じました。結果は3-3の引き分けでしたが、初のフットサル生観戦は非常に面白かったです。というか自分がプレーするときの参考になりました。実際できるかどうかは別として。。。


c0017163_9191968.jpg
 そして夜はバルサの試合を前半だけ見て、スウェーデン人の友達のAnnaのお別れパーティに行ってきました。ちなみに試合は後半にバルサが4点を挙げ、判定に助けられながらも大勝。そしてArbertiniが後半にデビューしてました。クソっ!
 それはともかく友達が一人また一人と帰ってしまうのは悲しいものです。
c0017163_9194821.jpg

c0017163_9225483.jpg

c0017163_9231014.jpg
 こっちでは飲んだ後はディスコ(なんか死後っぽいですけど、日本で言うところのクラブです)に行くのがセオリーなんでありますが、我々もRazzmatazという家の近くにある大きなディスコへと繰り出しました。
c0017163_9234386.jpg

c0017163_9242959.jpg

c0017163_9244319.jpg
 今回は男性向けの写真が多くなりましたがこれは偶然です(笑)

c0017163_9241441.jpg
 そしてなぜか店員の写真まで...
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-01-31 09:34 | ●Vida(生活)

Gramanet jugo bien

 木曜の夜は、Esoanyolのために週末の対戦相手であるBetisのスカウティングに出かけてきました。

 …というのは冗談で、日曜に続き今話題のGramanetの試合を観に行ってきました。1部で現在6位のBetisとCopa Del Reyのベスト8進出をかけたファーストレグであります。

 昼間のニュースでは、まるで天皇杯で佐川急便東京が勝ち上がったときのように「Gramanetの選手は昼間働いています!」みたいな感じの映像を流していました。

 ここのところ急激に冷え込み始めた上に、夜の9時キックオフということで防寒対策は万全にして出かけました。ダブルソックス、ダブルズボン、長袖の肌着の上にもダブルでスウェット。マフラー、ジャンパー。そしてリュックの中には膝掛け、座布団、非常食(お菓子)。抜かりはありません。

 日曜の試合はチケットが12ユーロだったので、対Betisとは言え、せいぜい20ユーロぐらいだろうなんて踏んでいましたが、そんなに甘くありませんでした。

メインスタンド 50ユーロ(7000円!)
その他     30ユーロ(4200円!)

 まるで1部同士の試合みたいです。チケット売り場で日曜と同じお姉さんに「ちょっと高くない?」と食い下がるも、「相手がBetisだから...」なんて丸め込まれて泣く泣く30ユーロを払いました。10ユーロの差は正直痛いです。
 なんだか悔しいのでメインスタンドへの進出を虎視眈々と狙うことにします。が、今日は警備も1部並みで、強持てのおじさんたちで要所はしっかり固められています。

 しかし、そうこうしている間にBetisが先制。ここSanta colomaにはたくさんのアンダルシア人が暮らしています。この小さなスタンドの半分を埋めたベティコたちが歓喜している隙を縫い、意外と楽に関所を突破しました。
c0017163_9112964.jpg
 Gramanetは清々しいプレーで健闘します。前半のうちに同点とし、後半に入ってなんと驚きの逆転!まるで天皇杯を見ているような気分です。花火は上がるわ、爆竹は鳴るわで、俄然盛り上がります。しかし、やはり1部のチームにはとんでもない武器を持った選手がいます。Roma時代にNAKATAのチームメイトだった、Marcos AssuncaoがFKを直接沈めて再び同点。この選手、評判通りに蹴るFKの全てを際どい所へ打ち込んできました。

 結局2-2で試合終了。Gramanetにとっては悪くはない結果でしたが、「あれさえなければ」と思うとホームで悔しい引き分けとなりました。
c0017163_9114919.jpg
 最後の写真は自称「警察」な人たちです。隣のおじさんは写真を撮った後にマフラーをくれました。お礼にウェットティッシュをあげました。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-01-28 09:13

Maxi Lopez es muy guapo!!

 結局今日は空港に行ってきました。新聞には「午後に到着」としか書かれていなかったので、2時に授業が終わって颯爽とに空港に向かい、3時には着きました。
 
 到着ゲートに行ってみるとテレビカメラを構えた人が立ってたので「いつ来るんですか?」と質問したら「バルサの新しい選手なら5時に隣のターミナルBだよ」と教えてくれたので、食事をして待つことに。食後はこんなときのためにと思って持ってきたカズくんから借りた『山本昌邦備忘録』を読み始めたのですが、これがかなり面白い。到着の時間になってもなかなか区切りがつかず、何をしに来たのか見失うところでした。

 時計が5時を回る頃には、ものすごい数のメディアと多数のファンで一般のお客さんが出て来るのが困難な状況になってきました。しかし、なかなかお目当てのMaxi Lopezは出てこず、その間に多数の有名人が横を通り過ぎて行きました。
c0017163_66835.jpg
 まずはテニスプレイヤーのNadal選手。この選手はMallorcaでプレーするNadal選手の甥っ子です。そのあとには何人か歌手が来たんですけど残念ながら自分は誰なんだかわかりません。しかも、どうやらBetisの選手たちも明日のGramanet戦に備えてバルセロナにやってくる様子。

 しかし、ついにそのときは来ました。色めき立つファン、殺気立つ報道陣。現場は一気にカオスへ。。。

c0017163_6132510.jpg
 ↑きたきた!ちょっと早すぎたかも。

c0017163_614842.jpg
 ↑もみくちゃ。なぜか嬉しそうな警察のおじさん。


 残念ながら収穫はこれだけでした。背が高く、笑顔がとても印象的でした。これでバルサのビジュアルレベルは一気に引き上げられることでしょう。
c0017163_6161925.jpg

[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-01-27 06:16 | ●Argentina

Ha empezado a invierno

 昨日からバルセロナはメチャクチャ寒くなりました。
これまではTシャツの上にスウェット着るだけという軽装で朝出かけてたのがもう、というかついに通用しなくなりました。
 夕方には空までおかしくなってきて今にも雪が振り出しそうでした。この写真は家のベランダから撮ったものです。なんだかゴーヤーみたいな形をした塔はガウディを尊敬するフランスの建築家の作品で、近所の評判は最悪です。
c0017163_552910.jpg

 さてさて、昨日バルセロナにアルベルティーにがやってきました。そして水曜の3時にはマクシ・ロペスがバルセロナの空港にやってくる予定です。行くべきか…
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-01-26 05:54 | ●Vida(生活)

Fue un dia muy divertido

 今日は日曜日ですが、がんばって早起きしてスペインの2部B(=3部)のGramanet vs Osasuna Bの試合を観て来ました。スペインの2部Bは日本のサテライトのように地域ごとに4つのグループに分かれて争われています。ここカタルーニャ地方はグループ3にあたります。

 なぜまたこの試合に行くことになったかというと、今週の水曜日に行われたCopa del Rey、いわゆるスペイン国王杯で今日のホームチームのGramanetがベスト8に進出したからです。「ああそうなの」って感じですが、『天皇杯でJFLのチームがベスト8まで来た』と考えると、ちょっと快挙だよねってことがわかると思います。
c0017163_859066.jpg
 初の2部B観戦でしたが、玉際の攻防が激しくてビックリしながらも、あまりの天気のよさにほのぼのしてしまうほどでした。(結果は1-1)

 その後は、台湾人のクラスメイトが餃子パーティを催すというので行ってきました。
c0017163_92264.jpg
 メチャクチャたくさんの食べ物に囲まれて満腹になって帰って来ました。皮から作ってるのにはビックリ。

 夜はOKUBO選手の試合を見ようということで、ここにも書き込みしてくれるKAZUくんの家でReal Madrid vs Mallorcaをテレビ観戦。この九州男児は途中出場しましたが、残念ながら何もできないまま3-1で敗れました。
c0017163_973393.jpg


 最後の写真は地下鉄で見つけた広告。ブエノスアイレスまで590ユーロか。。。
c0017163_9103413.jpg

[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-01-24 09:09

FC Barcelona×Racing santander

 実は今スペインではフットサルの「世界で一番レベルが高いカップ戦」なるものが、パンプローナで開催されています。パンプローナといえばオサスナというチームがあることで有名なわけではなく、牛追い祭りで有名なので皆さんも耳にしたことがあるかもしれません。
 今日の昼に準決勝の片方をTVでやってたので見てたんですが、途中で流れた今大会のこれまでのゴール集みたいな映像がハンパなく凄かったです。フットサルはサッカー以上に見るだけでも勉強になりますね。
 ちなみに昨日の新聞には、日本から「Pivo!」っていう雑誌のカメラマンも来た!みたいな記事が写真入りで出てたので、皆さんもしばらくしたらこの大会の写真を目にするかもしれません。

c0017163_1015591.jpg
 そして夜は1ヶ月ぶりにCamp nouに行ってきました。面白い刺青をしたおじさんがいました。
c0017163_1021268.jpg

[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-01-23 10:03

Fui a una fiesta!!

 金曜の夜はクラスメイトのEirikとMartinのノルウェー人コンビが家でパーティを催すというので行ってきました。
 ここには元クラスメイトのSofieやAnyaも住んでいて、他にもよその学校に移ってしまった友達たちが集まって久々の再会となりました。様々な種類のお酒を飲み、EirikとAnyaが付き合っていることを当てたりなどして楽しいひと時を過ごしました。
 下の写真は主催者のEirikと彼の好きなローゼンボリのマフラーを持って。マリノスが96年にサンワバンクカップで試合したノルウェーのチームってどこでしたっけ??
c0017163_9342446.jpg

 この写真は二人とも同じ名前でいつも一緒のスウェーデン人のAnna。何気に自分のファンだったりする(笑)
c0017163_9425423.jpg

[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-01-23 09:42 | ●Vida(生活)

es miercoles

 たった1日の出来事のくせに4回にも分けてしまったビルバオの遠征話も終わり、その間にあったことを少し紹介しようと思います。

 実は水曜日にマラドーナの自伝「Yo soy el Diego Maradona」をLlibreria Cataloniaという本屋でついに手に入れました。この本屋はカタルーニャ広場のEl corte inglesっていう日本で言うと三越みたいな感じのデパートの前にあるんですが、サッカー関係の本はここが一番熱いんじゃないかと思います。
 「世界のサッカー場」みたいな感じの本にはもちろん日本のスタジアムも紹介されてるんですが、なんと豊田スタジアムが一番大きい扱いをされていました(笑)
 設計図みたいな資料から、少し離れたところにある畑から撮った画だとかも出ていて、かなり興奮しましたね。ビックアイなんかもそこそこ大きく扱われていたところを見ると、変わった構造のスタジアムを取り上げてたみたいです。ちなみにこちらは高いので立ち読みしただけです。

 そして夜は『あの』Joanがバルセロナに用事があって来るというので、会って軽く飲んできました。どうやら週末のアウェイのラ・コルーニャ戦に行く決心をしたらしく。自分も連れて行きたかった様子。しかし丁寧にお断りしました。そんなに毎週旅行するわけには行きません。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-01-23 09:14 | ●Vida(生活)

Viaje en Bilbao 4

ビルバオ遠征記 最終回
完全アウェー試合篇

c0017163_2352113.jpg
 グッゲンハイム博物館をサラッと見た後はいよいよ今回の旅のメインである試合へ向かいます。Tramで再びS.Arana駅へ戻り、ゲートでCamp nouよりも厳重な荷物検査を受けてSan mamesに入りました。

c0017163_236266.jpg
 ここで朝チケットを一緒に買ったJoan爺さんと合流。スペインに来てからはこんなに早くスタジアムに到着したことがなかったので、試合前の両チームのアップがとても新鮮に映ります。逐一Joan爺さんが解説を入れてくれます。「やつはマンチェスターユナイテッドが狙ってる(声でかい)」とか「あいつは麻薬やっててしばらくはプレーできる状態じゃなかった(声でかい)」とか、さすがに生まれてからずっとEspanyolを見てる人にはかないません。現在チャンピオンズリーグ出場圏内の4位につけていることが本当に嬉しそう。
c0017163_2375151.jpg

 そうこうしてるうちに席もほとんど埋まって、いい雰囲気になってきました。それにしてもこのSan mames。イギリス人が創設したクラブだけあって、まるでイングランドのスタジアムと作りも雰囲気もそっくり。観に来ている人たちもスペインの他のスタジアムとくらべると何か違う匂いがします。
c0017163_2362815.jpg
 しかしながら我々二人を除いて周囲にはアスレティックファンしかいません。幸い前列には中学生ぐらいの子供たち、後列には長年通い続けてる感じのおじいさん達と安全は確保されたかに思われました…。

 Espanyolのロティーナ監督は直前の記者会見で「San mamesで勝つのはCamp nouやBernabeuで勝つのよりも難しい」と語っていました。さらに主力4人を欠く厳しい布陣。劣勢は覚悟していました。そして実際の試合もまさにその通りに立ち上がりから完全に押し込まれます。試合開始からわずか3分。パンツの人、YESTEにFKを直接決められ痛恨の先制点を献上。周りの人総立ち。Joanと顔を見合わせ、「今日は厳しいかもね。」

 しかしながら前半も20分を過ぎると、Athleticの攻勢も影を潜め、審判の笛も味方につけ徐々にEspanyolも相手陣内に攻め込み始めます。そして鮮やかなカウンターからアルゼンチン代表MAXIが決めてなんと同点!狂喜乱舞するJoan。周りに気を使う自分。あぁ悲しいかな私は日本人。。。
 それ以後はJoanのトーク(声でかい)が炸裂し始めます。周りの子供に高い性能を備えた双眼鏡(なぜか自分は使わない)を貸したり、ヒマワリの種を食い散らかしたりとやりたい放題。こちらとしては周りの目がすごく気になるんですが。。。

 結局1-1のまま前半は終了。そして後半もなんだか歯車がかみ合わないAthletic。イライラが募って、ついに周りがJoanに向かって「黙れ」と言い出しました。しかし当のJoanはよせばいいのに「僕たちは弱小チームですから。エヘヘ」みたいな謙遜してんだか皮肉ってるんだかわからない際どい発言を連発。心の中で『引き分けで終わってくれ』と神様にお願いしました。

 なんと神様はその願いを受け入れてくださり、1-1のまま試合終了。結局、周りの人たちも足早に立ち去ってしまい、危険なことは何もありませんでした。Joanはホテルに戻って休むというので、携帯番号を交換し再会を約束。孤独な4時間が始まろうとしたかに思えたそのとき、Joanが「7時からバルサの試合があるし、9時からはマドリーの試合がある。Barに行って見てれば」という非常にありがたいお言葉を頂戴し、Barを探すことにしました。

 これまた意外と簡単に見つかり、またもやピンチョスとビールで4時間みっちりとサッカー観戦をしました。FIGOこそ髭剃りの宣伝に出るべきだわ。

 試合後は徒歩でバスターミナルに行き、Cafeでペットボトルの水を購入。すると店員のおじさんが「バティ」とか「タカハラ」なんて言ってきます。どうも自分のアルゼンチンのレインジャケットを見て言っているらしく、「アルゼンチン人ですか」と尋ねたところ、「BOCAだ。」と一言。おじさん100周年シャツにもきつい一言。「あんなんは燃やしたほうがいいな。」

 翌朝7時に、行きと同じ運転手さんが運転するバスの同じ席でバルセロナに帰ってきました。 おわり。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-01-21 02:37 | ●RCD Espanyol