マリノスのゴール裏とエスパニョールのクルヴァが週末の居場所。 そんなノブの日記です。 まずは自己紹介をどうぞ!


by nobu_marinos1972
カレンダー

<   2005年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

5月21日 Viaje en Pamplona.

パンプローナ遠征記 1日目
 今週末はエスパニョールの今シーズン最後のアウェーゲーム、オサスナ戦を観るために、牛追い祭りで有名なパンプローナへアルベルト軍団と共に遠征しました。
 アルベルト軍団とは、アルベルトの幼馴染で、様々な物を吸い、口が達者でバルサが何よりも嫌いな敵に回すと非常に厄介な三十路集団のことです。

 バルセロナからパンプローナまでは、車だとだいたい4時間ほどで到着するはずなんですが…
c0017163_22483085.jpg
 こんなことや…
c0017163_22493064.jpg
 …こんなことをしていたために、6時間以上かかってしまいました。。。

c0017163_22504055.jpg
 そして、高速道路を降りてすぐの所にある、オサスナの練習場で行われるエスパニョールの前日練習を見に行きました。
c0017163_22525361.jpg
 18時から開始の予定でしたが、18時半過ぎに選手が到着。かなりの数のぺリコが見に来ていました。
c0017163_22552175.jpg
 エミリオとエスパニョールの新しいバスの前で。
 選手が来るのを待っている間に、練習場内にあるバルでここナバーラ州の名物パチャランを飲んでいたのでかなり気持ち良くなっています。パチャランはアニス酒にEndrinaという実(リンボクの実)を漬け込んだお酒であります。

 さんざん飲んだ後は練習を中途半端に見た後は、ホテルに移動。選手と同じところだけあって、メチャクチャ綺麗でした。
 しばし休息した後、晩ご飯を食べに行くことに…
c0017163_234958.jpg
 そこで現エスパニョールで元オサスナのアレックス・フェルナンデスと、現オサスナで元エスパニョールのセルビア・モンテネグロ代表のサボ・ミロセビッチを発見!ミロセビッチはやっぱり笑わない。。。

 結局、晩ご飯の後は明け方3時ごろまでパンプローナの街を飲み歩きました。。。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-21 23:10 | ●Viajes(旅)

5月20日 Vamos a Pamplona

c0017163_9265257.jpg
 というわけで、明日は今シーズン最後のアウェーゲーム、オサスナ戦を観に、牛追い祭りで有名なパンプローナへ出かけてきます。(前泊)

 今回の遠征も完全アルベルトプロデュース(笑)往復車で、宿泊先はなんと選手と同じ所だそうです。しかし、1泊28ユーロ(4000円ぐらい)。。。いったいどんなホテルなんだ!?まぁスペイン人の言うことなのであまり期待しないで出かけてきます。

 前節のゲーム後に、チャーリーを始めとする何人かの人から「俺はいけないからがんばってきてくれよな!」という声をかけてもらい、調子に乗った自分は「わかった。お前の魂は自分がパンプローナに連れて行くから」なんてくさーい台詞を吐きました。。。

 とにかく勝ち点3を必ずやバルセロナに持ち帰りたいと思います!

ちなみに自分がアウェーにエスパニョールを観に行って、いまだに勝ったことがないのは内緒です。(2分5敗)
 
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-20 22:26 | ●RCD Espanyol

5月19日 Hacemos a una fiesta.

c0017163_9475652.jpg 本日はクラスメイトのイタリア人アリチェが22回目の誕生日を迎えたということで、誕生日会をみんなで開きました。
 友達の友達が実は自分の友達だった!みたいな珍事!?もあり、かなり盛り上がりました。
 とにかく本人がとても喜んでくれたみたいで良かったです。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-19 09:50 | ●Vida(生活)

5月18日 Viva Diego!

 今日はバレンシアの友達がバルセロナまでライブを観にやってきたので、一緒に飲んだ後、RAZZMATAZZという、家の近所にある大きなディスコ(平日はライブハウス)まで送りに行きました。
c0017163_7344117.jpg
 入り口の前にはたくさんのビール売りがいたんですが、その中にDiegoTシャツを着たアルゼンチン人を発見!

 彼はリーヴェルのインチャなんだそうです。。。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-18 23:35 | ●Argentina
リーガエスパニョーラ第36節
エスパニョール×バレンシア レポート
c0017163_23471723.jpg
 バルサ優勝により、バルセロナの街は歓びに包まれていた。

 優勝が決まった瞬間から、ある者は街に繰り出し、またある者は空港まで選手を迎えに行った。5年続いた長い冬が終わり、バルセロナに再び春が訪れたのだ。宴は朝まで続き、この日も様々なイベントが予定されている。

 ぺリコ(エスパニョールファンの総称)たちは黙ってそれに耐えるしかなかった。

c0017163_031475.jpg リーガも残り2試合、この日はホームに強豪バレンシアを迎えた。この試合はチャンピオンズリーグ出場を狙うクラブ同士の直接対決であり、両クラブにとって絶対に落とせない一戦となった。

 この試合に向けて、クラブはソシオには1枚5ユーロ(700円)でチケットを販売することを決定。その甲斐あって当日券売り場には、同じ時刻に行われるバルサ優勝セレモニーを見たくない人々による長蛇の列が出来上がった。
 観客動員はレアル・マドリー戦に次ぐ、今シーズン2番目の35150人を記録。ただ、スタジアムの雰囲気はレアル・マドリー戦を凌ぐものであった。

c0017163_022636.jpg この日のスタメンは好調左サイドの職人アマビスカに代えて、前節活躍した若手コロを起用。そして、ボランチは若手のハルケとベテランのアレックスで組んだ以外はほぼベストの布陣。監督のロティーナはコロの勢いに賭けたようだ。

c0017163_0284574.jpg 試合開始からエスパニョールはホームの大声援を受け、「過去の実績は関係無い」とばかりにバレンシアを攻め立てた。
 しかし、先制したのはバレンシア。後方からのロングパスをDFラインの裏に出て受けたルフェテが豪快に蹴りこんで0-1。一瞬静まり返ったスタンドもすぐに声援を始めた。この試合が、ただのリーガの1試合でないことは誰もが理解していた。

c0017163_0383350.jpg ぺリコが作りだした空気は審判をも味方につけた。
 ここのところ目立った活躍がなかったマキシがペナルティエリア内でキーパーと交錯してPKを獲得。パロプという相手キーパーにはレッドカードが提示された。バレンシアベンチはカルボーニに代えて嫌われ者のカニサレスを投入。さらにスタンドは沸いた。

c0017163_045381.jpg そして、エース、タムードがこのPKを冷静に決めて同点。12月の試合では審判への文句で退場してしまったエースがきっちりと仕事をした。
 その後はチャンスを作りながらも結局前半を1-1で折り返した。

c0017163_0494173.jpg 後半に入るとさらに試合はヒートアップ。小競り合いが増え、写真のルフェテとポチェッティーノがやり合う場面も見られた。
 そんな中、追加点を上げたのはバレンシア。アングロのシュートを至近距離でカメニが弾いたものの、ボールはカバーに入ろうとしていたダビッ・ガルシアの足に当たってゴール吸い込まれていった。静まり返るスタンド。まはやここまでか。。。

 しかし、バルサの下部組織出身のデラペニャが奮闘。きっとバルサ優勝で期するものがあったのだろう。FKでは力を入れすぎてふかしてしまう場面も見られたが、正確なロングパスを前線に供給。中盤の争いでも体を張り続けた。

 しかし、無情にもリードされたまま試合はロスタイムに突入。いつもは早々と家路につくぺリコたちも、怒涛の攻撃を続ける選手たちを見捨てず、声援を送る。

奇跡は起きた。

c0017163_102415.jpgコーナーキックからこぼれたボールを、ポチェッティーノに代わり途中出場したトニ・べラマサンがインフロントで強烈にインパクト。

「スタジアム中のぺリコたちが放ったシュートだった。」

 もう一人のバルサ下部組織出身者は奇跡の同点ゴールをそう振り返った。彼はバルサで若くして頭角を現したものの、その後華やかなサッカー人生を送ってきたわけではない。今シーズンも怪我によりほとんど出場の機会はなかった。そんな彼も"バルサ優勝"に期するものがあったに違いない。

 試合はほどなくして終了。2-2の引き分けだったが、エスパニョールにとっては勝利に値する引き分けとなった。バレンシアはエスパニョールとの勝ち点差を縮められずにバレンシアに帰ることになったのだ。

 試合後、遠くカンプ・ノウで優勝を祝う花火が上がっていた。100年以上続くライバル関係はこれからもずっと続いて行く。

 
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-17 23:47 | ●RCD Espanyol

5月16日 Hacemos a barbacoa.

c0017163_236051.jpg
 今日は月曜ですが、祝日ということでアレイシの友達たちが15人ほど集まってバーベキューをしました。
c0017163_2375276.jpg
 このバーベキュー場?はバルセロナから車で1時間ほど行った山の中にあり、この近くにはF1のスペインGPをやるサーキットがあるそうです。
 すぐ脇には川が流れていて、サッカーボールが何度も流されました。癒されます。あと、タンポポの綿毛みたいなのが雪のようにフワフワしていて幻想的でした。花粉症を持っている子たちはくしゃみを連発。
c0017163_23134720.jpg
 肉やらなんやらお腹いっぱい食べて、いっぱい飲んでたったの4ユーロ!(600円ぐらい)でした。持つべきものは肉屋の友達ですな。。。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-16 23:00 | ●Vida(生活)

5月15日 Somos Perico!!

c0017163_927048.jpg
 結局昨日はバルサの特番を朝方までぼんやりと見てしましました。。。
 ということで、Juvenil A(ユース)の国王杯の決勝トーナメントのエスパニョールとマジョルカの試合は寝坊して遅刻しました。。。上の写真は後半がキックオフされようとしているところです。
c0017163_9295978.jpg
 お馴染みのメンバー表です。先日トップデビューを果たしたセルヒオ・サンチェスも出場していました。が、相手との接触で負傷退場したので少し心配です。
c0017163_9313179.jpg 着いた時点では1-2で負けていたんですが、後半に入るとトントン拍子に点が入って4-2で逆転勝ち。周りからは「キミが幸運を運んできたんだよ!」なんて言われちゃいました。そうかなァ、エヘへ。。。


 そして試合後は、同じく観戦に来ていたカズくんの家でカレーをご馳走になりました。いつもご馳走様です。。。
c0017163_9375539.jpg
 そしてそのカズくんのルームメイトで、エスパニョールのCadete(14、15歳のカテゴリー)で働く松井さんがナイキプレミアカップで獲得した優勝カップを勝手に撮影。

c0017163_9401275.jpg
 そして夜はトップチームのバレンシア戦でした!同時刻にカンプ・ノウではバルサが優勝記念報告会を催していたものの、たくさんの人が観戦に訪れていました。
 結果は2-2の引き分け。エスパニョールにとっては勝ちに等しい引き分けではないでしょうか。また長ったらしい観戦記を書こうと思いますのでお楽しみに!
c0017163_9431218.jpg
 久々にちびちゃん登場。もうすぐパパになるアルベルトも子供に興味津々!?
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-15 23:43 | ●RCD Espanyol
c0017163_9215153.jpg
 なんだなんだ!?なんだか外が騒々しくて眠れやしないよ!

 ちょっと文句言ってやる!…ってなんて人の数だ!?こりゃ通勤時間の新宿以上じゃないのか!?

 ちっ、しょうがないからテレビでも見るか!…って特番ですか!あーそうですか!

 どこもかしこもバルサバルサ。。。

c0017163_9463393.jpg
c0017163_9464842.jpg
c0017163_947062.jpg
 けどみんな本当に嬉しそうな顔してるな。。。バルサ優勝してよかったね。

 明日エスパニョールがバレンシアに勝ったら超喜ぶから別に悔しくなんかないよ。。。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-14 23:46 | ●UEFA(欧州サッカー)
 今日はクラスで政治のことについて話し合ったんですが、2人のイタリア人がバンバン意見を述べる中で、自分を含むアジア人(中国、タイ)たちは、ただ唖然としているだけでした。
 ヨーロッパの人間は自分の意見をしっかり持ち、はっきりとそれを示します。イエスとノーがはっきりしているというか…とにかく若者でも政治について関心があり、支持するものがはっきりしています。

 ただ悲しいかな、ヨーロッパではスタジアムにも政治が持ち込まれます。タイムリーなことに、さっき見つけたんですが、Number webに連載中のレアル・マドリーの真実、人種差別とサッカーの悲しい関係。にレアル・マドリーのウルトラのことが詳しく書いてあります。

少し引用すると…
 『独裁者フランコ心酔者、ネオナチら極右からアナキストら極左まで、“政治信条”(そんな高尚なものが内在するかは疑問だが)の異なるものを束ねる、レアル・マドリーのウルトラ(=フーリガン)だ。』

 バルセロナダービーのときにも少し触れましたが、残念なことに、我らがエスパニョールにもこのようなファンが存在します。彼らは前述のウルトラ・スールを支持し、味方の黒人選手にさえ人種差別的なコールを繰り返し、独裁者フランコを支持するネオナチです。

 また、先日イタリアではラツィオとリボルノの試合で暴動がありました。きっかけはサッカーとはまったく関係が無く、ラツィオのファンが極右で、リボルノのファンが極左だったためと言われています。

 「政治がサッカーを利用してきた」という歴史がヨーロッパの人々をこのようにしてしまうのかもしれません。政治、宗教、歴史と様々な要素が絡み合うのがサッカーの一つの側面ではありますが、願わくばこのような問題は無くなって欲しいと思います。


 Jリーグが正しい道を歩んでいると感じると共に、もう少し政治について関心を持つべきだと思った1日でした。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-13 23:01 | ●Estudio(勉学)
c0017163_671583.jpg
 今日はバルセロナの郊外にあるスペイン最大手のデパートCorte inglesのCornellà支店でエスパニョールの選手たちのサイン会があったので出かけてきました。

 今回の参加選手は下部組織出身のDFロポ、ソルデビージャ、ハルケ、そしてアルゼンチン人のポシェの4人でした。
c0017163_6102380.jpg
 アルベルトのお兄さんの友達のソルデビージャは来シーズンからセルタ・デ・ビーゴでプレーするのが濃厚という噂があり、質問してみたところ「それは言えないなァ」という答えでした。
 プレミアの複数のクラブから狙われているロポも「エスパニョールでプレーしたいんだけどね」と建前っぽいことを言っていました。

c0017163_6145860.jpg
 そして家に帰ると、アレイシが筋トレグッズを買い揃えていました(笑)これから夏に向けて二人で筋トレの毎日です。。。

 
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-12 23:08 | ●RCD Espanyol