マリノスのゴール裏とエスパニョールのクルヴァが週末の居場所。 そんなノブの日記です。 まずは自己紹介をどうぞ!


by nobu_marinos1972
カレンダー

<   2005年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

5月11日 Adios a champions...

c0017163_84877.jpg 今日は学校から帰ってきて真っ先にマリノスと山東との速報をインターネットで確認しました。 そしたら前半途中で1-0でリード!よしっ!
 …しかしその後まったく動きがなく「いつまで前半やってんだよ」と思い、中国とスペインの時差を計算していたりしたら、いつのまにか89分が経過していて2-1で負けてやんの!
 どうやら、オフィシャルにも出ていたように機械のトラブルだったようです。結果も何かの間違いだったらいいのに。。。

 自分が中学生だった頃は、天皇杯で優勝したフリューゲルスやベルマーレがアジアカップウィナーズカップ(後にアジアクラブ選手権と統合し、アジアチャンピオンズリーグに)で、2軍半ぐらいの戦力で勝ち進み優勝しているだけに、万全の準備をして臨んだマリノスと磐田の2年連続のグループリーグ敗退は正直ショックです。
 きっとマリノスが日産自動車だった頃からのファンの方達は、90年代初めの連覇を知っているだけに、自分以上にショックを受けていることでしょう。あるいはアジアの厳しさを知っているだけに、簡単には勝ち進めないと納得しているのでしょうか…。

 いずれにせよ、アジアカップ連覇を果たした日本のクラブが"グループリーグで全滅"というのは悲しすぎます。

 個人的に思うのが、去年も果たせなかった"ホーム全勝"というのが突破のノルマなのではないでしょうか。過去のACLのホームゲームでは、水曜開催独特の雰囲気に相まって、「そんな強くないから一生懸命応援しなくても…」的な空気があったと思います。試合後の中澤選手のコメントにもあったように、来年からはアウェーに行くのと同じぐらいのパワーで圧倒的なホームの雰囲気をつくるべきなのかもしれません。

 なんだか「来年も出る」みたいな文章になっていますが、そうなるように切り替えてリーグ戦に臨んで欲しいと思います。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-11 23:55 | ●Yokohama
c0017163_326133.jpg ←先日お伝えしたこれが早くも日本に到着したようです!スペインの郵便局もやればできるじゃないの!

 ということで600円で皆さんに届けることになりましたので、肺活量に自信がある人は是非どうぞ!ちなみに簡単にプォープォーできるようですが、自分は吹けません。。。

 販売方法など、詳細はこちらの斬鉄剣をどうぞ。ダレ傘を販売したりと、いろいろがんばっている茜くんへの感謝も忘れないでくださいね!

 そして明日はチャンピオンズの天王山、山東戦であります。個人的にはチームの遠征メンバーよりも、マリノスファンの遠征メンバーの方が気になるところですが、きっと行けなかった人を悔しがらせるような笑顔を日本に持ち帰ってきてくれることでしょう!
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-10 23:00 | ●Yokohama
 今日から2人のイタリア人がクラスにやってきました。
 一人はローマ出身の男の子、ダニ。もう一人はジェノア出身の女の子、アニチェです。
 ダニは典型的なロマニスタで、「ラツィオ?有り得ないね!」みたいなことを言ってました。今後の二人との絡みにこうご期待!?

 そして「来る人あれば去る人あり」ということで、いささか強引ではありますが、グランパスを去る二人のブラジル人について触れさせてください…

c0017163_157458.jpg まずは2000年の途中から加入した猛犬ことピチブー…ではなくてウェズレイです。

 もはや説明不要かとは思いますが、2003年の得点王であり、Jに在籍した外国籍選手の中で一番得点を上げた選手として歴史に名を残しました。
 彼の出場した試合で一番印象に残っているのが、この(写真)2003年の11月に豊田スタジアムで行われたマリノスとの試合でしょうか。優勝を狙うマリノスを相手にハットトリックを決め、マリノスファンを奈落の底に突き落とした試合でした。
 他にも2001年に台風が去った後の瑞穂での広島戦で決めた直接FKも印象に残っています。ピクシーなき後のグランパスの10番を背負うに値する素晴らしい選手だったと思います。しかし、名古屋をこういった形で離れていくのは本当に寂しいです。

c0017163_2235378.jpg そしてもう一人はそのウェズレイへの配球役として2003年の途中から加入したガルソンことマルケスです。ファンから愛されたヴァスティッチが去った後、ファンの心の隙間を埋めるに相応しい活躍を見せ、昨年のベストイレブンに選出されています。

 ピクシーも、"イヴォ"ことヴァスティッチもホーム最終戦では活躍しているのでマルケスもラスト・ホームではファンの心に残るプレーを見せてくれるはずです!
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-09 23:36 | ●Nagoya

Jornada 35 Espanyol×Numancia

リーガエスパニョーラ第35節
エスパニョール×ヌマンシア レポート
c0017163_2334398.jpg

 久々に50番のバスに乗ってスタジアムへ向かった。

 いつもならこの50番のバスはスタジアムの目の前まで行くはずなのだが、どうやら経路が変わったらしくスタジアムの目の前の道は通らなくなったようだ。車内に詰め込まれたぺリコ(エスパニョールファンの総称)たちもそれを知らなかったようで、運転手に向かって口々に「Eres cule!!(バルサ野郎め!)」と罵声を浴びせかけた。

 ぺリコたちは神経質になっていた。

 前節、降格濃厚のマジョルカを相手にまさかの敗戦。しかも前年の復讐のために歌った「A Segunda!(2部へ落ちろ!)」を再び歌い返され、ぺリコたちは泣きっ面に蜂の状態でバルセロナに帰ってきた。クラブ史上初のチャンピオンズリーグ出場を目指す上で、同じく降格濃厚のヌマンシアをホームに迎えたこの試合で絶対に負けるわけに行かなかった。

c0017163_2324652.jpg 2年前にセルタをクラブ史上初のチャンピオンズ出場に導いた経験を持つ、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督はシステムを4-1-4-1に変更してきた。
 これは、中盤の底で大車輪の活躍を見せてきたイトが離脱したことによるもので、キーパーは不動のカメニ。DFラインは右からイバーラロポポチェッティーノダビッ・ガルシアのベストメンバー。中盤の底にハルケ。攻撃的な4枚のMFには右からマキシ、写真のフレッドソンデラペニャアマビスカ。そして1トップにはタムードを配した。

c0017163_2332780.jpg しかし、前半はこの新システムがまったく機能しなかった.。...というよりも、マジョルカでの試合のように選手から何も伝わってくるものがなかった。ただただ、相手の迫力のない攻撃を跳ね返し続けるだけであった。

 ハーフタイムに英語教師のマークは、「つまらない」と言って試合中にチョロチョロする息子たちに向かって一喝した。

フットボールがいつもスペクタクルなものだと思うな!スペクタクルを求めるならオペラやミュージカルを見に行け!

 マンチェスターに生まれ、シティを応援する者ならではの言葉であった。

c0017163_23402976.jpg マークの一喝が選手にも聞こえたのか、後半のエスパニョールは前半とはまったく別のチームとなっていた。
 口火を切ったのはマキシタムードからのパスを受け、ゴール前の僅かなスペースに飛び込みシュートを放つ。さらにコーナーキックからはポチェッティーノが高い打点のヘッドで捉えゴールを強襲。これらは惜しくもゴールにはならなかったが、確実に先制点が近づいてきていることを誰もが感じていた。

c0017163_23465233.jpg なおも波状攻撃を続けるエスパニョールに待望の先制点が生まれる。
 それは左利きのアマビスカの右足から放たれたクリーンシュートだった。マドリーやデポルなど数々のクラブを渡り歩いたガニ股のベテランは一目散に熱いぺリコたちが陣取るCruva Joveに向かって吼えながら走ってきた。

 ついに火薬に火が点いた。

c0017163_232638.jpg その4分後、フレッドソンに代わり交代出場していたコロが、タムードからの折り返しを受け、相手選手ともつれながらもねじ込んで2-0。
 常々「攻撃陣の中で僕だけ得点がないから、なんとしても決めたい」と語っていた下部組織出身のアタッカーはついにリーガ初得点を挙げ、真っ先にタムードに抱きついた。

c0017163_23534724.jpg 喜びに包まれた後半はあっという間に時間が過ぎ、終了間際にはデラペニャのFKを相手DFがクリアし損ねてオウンゴール。結局このまま試合は終了し、エスパニョールは3-0で勝ち点3を獲得した。
 次節は再びホームでバレンシアを迎えて行われる。前回の対戦では、この試合の笛を吹いたエスキナス・トーレスにより台無しにされた。きっと選手たちはあの寒いメスタージャの屈辱的な夜を忘れてはいないはず。次も絶対にやってくれる。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-08 23:59 | ●RCD Espanyol

5月8日 Dia de corazon.

c0017163_3162116.jpg 今日のマリノスの試合結果には本当に感動しました...。個人的に広島ビックアーチというのはマリノスにとって相性が良くないと思うのですが、選手たちは本当にがんばってくれたんだと思います。
 こういう結果が出ると、次の山東との試合に備えて休んでいる選手たちも熱くなるでしょう!パソコンを前に一人浸っています(笑)

 それでは今日の日記を。。。
c0017163_3241966.jpg
 昼頃に起きてエスパニョールのCiutat EsportivaへエスパニョールBとオサスナBの試合を観に行ってきました。(↑メンバー表はクリックで大きくなります)

c0017163_3292625.jpg寝坊したので後半からの観戦だったんですが、0-1とリードされていました。後半に入ってエスパニョールBは攻め続けるもののシュートが打てません。結局、最後まで得点を挙げられず0-1での敗戦となりました。

c0017163_3371415.jpg そして、夕方5時からはトップチームの試合がモンジュイックでありました。試合については明日のレポートで詳しくお伝えしますが、とりあえず3-0で勝ちました!!

c0017163_334122.jpg 帰りは家が近いチャーリーの車で送ってもらいました。車内でバルサとバレンシアの試合のラジオを聴いていたのですが、一言「バレンシアしゃきっとせんかい!!
 
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-08 23:41 | ●Yokohama
c0017163_7471162.jpg 昨日の日記でお伝えしたように、セサルの大学まで映画のオーディションを受けに行ってきました。

 オーディションは幸か不幸か上手くいったようで、終わった後に自分の評価が書かれた紙をチラッと見たら「緊張気味だが、演じるということを知っている」とありました。ひょっとしたら知られざる才能が眠っているのかもしれません(笑)

 さて、なぜメキシコのクルス・アスルのエンブレムの画像が上に貼ってあるかというと、カメラを操っていたメキシコ人留学生がクルス・アスルのインチャだったのでした。帰りはセサルの車で二人して家まで送ってもらったんですが、セサルは完全運転手状態で二人してメキシコサッカーについて熱く語り合いました。
 彼は、メキシコのパチューカ所属の「福田健二の持っているポテンシャルは高い」と語っていました。

 そりゃそうだよ、なんたってデビュー戦でマリノス相手にゴール決めてんだぜ。。。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-07 23:34 | ●Estudio(勉学)

5月6日 He quedad con Cesar.

c0017163_454857.jpg
 チリ人のセサル↑が久しぶりに家に遊びに来たので、晩ご飯はアレイシと3人でバルセロナで一番美味しいと言われるイタリアンレストラン「LA BELLA NAPOLI」へ出かけてきました。

 しかし、店内はあいにく満席...というか、いつも満席らしく予約しないと入れないそうです。なのでピザをお持ち帰りして食べました。ナンバーワンと言われるだけあって、やはり美味しかったです。

 さて、そのセサルが大学の仲間と映画を作るらしく、「侍の格好をした宇宙人の役をノブにやって欲しいんだけど」と言うので、明日オーディションを受けることになりました。だけど、いったいどんな映画だよ。。。

 
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-06 23:27 | ●Vida(生活)

5月5日 Hay que cuidarlo!!

c0017163_22402072.jpg
 今日はちょっとしたスペイン語講座をお送りしたいと思います。
"LE"の発音について
 マリノスファンの皆さんはこの"LE"を「DALE!(ダレ)」と日常的に使っていると思いますが、発音には注意しなくてはいけません。
 自分はこの"DALE!"や"ALE!"を「巻き舌にして歌うとかっこいいじゃん」と勘違いしていまして、咋年末はアルゼンチンインチャから、先日のマジョルカ遠征ではソニアから発音を注意されました。

 濁らせると"RE"や"RRE"の音になってしまい、本場のファンから笑われてしまうことうけあいです。

 発音に気をつけて他クラブのファンに差をつけちゃいましょう!
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-05 22:27 | ●Estudio(勉学)
c0017163_4541190.jpg 本日は白熱のチャンピオンズリーグをテレビで見た後、ホームステイ先の息子アレイシが突然「おごるからなんかうまいもん食いに行こう!!」と言うので、バルセロナで一番高いと言われる日本食屋さん「山鳥」へ出かけてきました。

 閉店時間ギリギリに到着したので、店内には2組ぐらいしかお客さんがいませんでした。店員さんに案内されて席へ向かう途中、

 「ノブ!」と呼ぶ声が。

 振り向くと学校の先生二人が日本人夫婦とお食事中でした。なんて偶然でしょうか。彼らはよくこのお店に来るそうです。うらやましい...。こっちゃあ日本食が食べたくなったら中華料理屋でマーボー豆腐とか食べて気を紛らわすというのに。

 ということで久しぶりにすき焼き食べました。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-04 23:55 | ●Vida(生活)

5月3日 Bufanda es muy util!!

c0017163_22233435.jpg
 少し前に尿についての話をしましたが、今日はそれに少し関係のあることについて...。

 自分はすぐ下痢をするタチなんですが、それについてひとつエピソードを。


 大学時代は自宅のある覚王山から大学がある塩釜口までの40分ほどの距離(道中にピクシーの家あり。ウリダが奥さんと来ていたブティックもあり)を自転車で通っていたんですが、夏場は滝のように汗をかきます。最後の八事から塩釜口にかけてはゆるやかな坂が続いているんですが、その坂を下るときにTシャツをまくりながら風を受けて疾走するのが密かな喜びでした。
 しかし問題はその後です。もちろん汗をかくので、到着後はお茶やらジュースやらをがぶ飲みします。さらに、この"最後の疾走"がお腹を一気に冷やすらしく、教室に着いてホっとした頃はもう津波が押し寄せているというワケです。

 そして、今日の授業中も昨日から続く下痢が猛威を振るいました。しかし、こんなときに限って正露丸を携帯しておらず、藁をも掴む思いでリュックの中をあさっていたら、写真↑のエスパニョールマフラーが出てきました。はっと閃いて、それをお腹に巻きつけるとアラ不思議!腹痛はどこへやら。

 やはりマフラーは常に携帯しないとだめだと思いました。というかグッズで腹巻なんて作ったら結構売れるんじゃないだろうか。でもマフラーあるからいいか。。。
[PR]
by nobu_marinos1972 | 2005-05-03 22:52 | ●Vida(生活)